“Lonely Butterfly”を弾く

昨年(2015年)の自分の音楽生活においては、レベッカの再結成が最大の関心事であった。ライブも3回見に行ったし、さらには、NHKのSONGSスペシャル、紅白歌合戦で彼らの姿をテレビで見られて、思い残すことなく2015年を終えた。本当にありがとう、レベッカ!!

しかし、その興奮冷めやまぬまま年が変わり、ピアノでレベッカの曲を弾いてみたい気持ちになった。弾きたい曲はたくさんあるが、真っ先に思いついたのが“Lonely Butterfly”。学生のときに始めて買ったいわゆるミュージシャンのCDが、まさにこの曲が収録されている「TIME」というアルバム。当時、カセットテープに録音してソニーのウォークマンでこのアルバムを聴くことが楽しみだった。シングルカットされたこの曲は詞、メロディー、アレンジとも含めて大好きなのだが、ライブでのアレンジは原曲のそれよりもすごくカッコいいのだ。特に曲の終わりの土橋さんのシンセのメロディーは最高!あのパートを絶対ピアノで再現したい!という思いで練習をはじめることにした。

練習は、学生時代に買ったアルバム「TIME」のバンド譜を元にコードを調べるところから始める。そして当然ながら、この曲にはピアノパートがあるわけではないので、自分のテクニックに合わせてピアノソロ用にアレンジをしなければならない。どれだけ良いアレンジができるかが肝心なんだけど、なにせテクニックも知識もないボクなので大いに悩むことに。ただ、こだわったのは、ピアノで原曲に近いアレンジを目指すのではなく、あくまでもピアノで弾いたときに一番ピッタリとくるアレンジにすること。そのため、原曲よりもかなりテンポを落として、しっとりとしたバラード調に仕上げることにした。

終盤のパートは、自分でアレンジしたにもかかわらず上手く弾けない。。。しかしここは一番の聴かせどころと思っていたので、練習にかなりの時間を費やした。自分は左手の指の力が足りないと感じていたが、このとき改めて、右手ももっと練習が必要であることを痛感する。最後にイントロを再現しようかどうか迷ったけど、Aメロと同じコード進行なのでバッサリとカットした。

まだまだ完璧に弾けないけど、あまり長く同じ曲ばかり練習していても前に進めないので、ここら辺で録音(録画)しよう、ということで録画したのがこちら。


前回同様、録音・録画の機材はSonyのミュージックビデオレコーダー「HDR-MV1」一台。このビデオは画質、音が良いのはもちろん、何と言ってもWi-FiでiPhoneから操作できるのがうれしい。iPhoneの画面を見ながら位置をセッティングできるし、何回も間違えるボクにとっては、撮り直すたびにビデオの録画ボタンまで手を伸ばす必要がない。そして、録画したファイルをWi-FiでiPhoneに飛ばせる(時間はかかるが)。ただ、画角がかなりワイドなので、普通に横から撮るとちょっと遠近間が強く出すぎて違和感がある。やっぱり今回のように上から取るのが一番かな。音もステレオでバランスよく録れるしね。

さて、録画の方はというと、演奏を数回繰り返したが意外とスムーズにできた。終盤のお気に入りのフレーズも……まあまあ妥協できるレベルかな。電子ピアノのおかげで練習する時間が増えたのはかなりの効果だ。ただし、録画・録音を伴う演奏は、相変わらず緊張すr。全体的に演奏が硬いので、もっと滑らかさがほしい。100%の演奏には程遠く、いつも妥協せざるを得ないのだが、これはとにかく練習で克服するしかないと思う。

さぁ、すぐに次の曲の練習に入ろう。

[PR]
by tara-ex | 2016-04-23 21:32 | 録音 | Comments(0)
<< メイク五線譜/Make Sta... 名前を当てよう! >>