楽器フェアに行ってきた(2016)

もうだいぶ経っちゃった事だけど、今年も楽器フェアに行ってきた。
楽器フェアに行く目的は、新しいたくさんの楽器を見られること、その場で触ったり弾いたりできること、楽器好きな人と一緒の空間に居られること、など。
ボクは鍵盤楽器が好きなので、一番の目的はピアノや最新のシンセサイザーに触れること。

その中でもボクの大注目なのが、ヤマハのRefaceシリーズ!小さいボディながらも細部のパーツにまでこだわった品質の高さ、高価なシンセにも負けない本格的な音が出せるという魅力的な機種だ。ネット動画などで、その大きさからは想像できない素晴らしい音に惚れ込んでいたけど、やっとここで実際に弾いて音を聴くことができた。

Refaceシリーズは4機種あってどれもすごく魅力的なんだけど、ボクが一番欲しいのが電子オルガン専用のReface YC。そう、Refaceシリーズは、機種ごとに専用の音源を搭載したキーボードのシリーズなのだ。ハードウェアシンセの売れ行きが頭打ちになってきてる中、こういう楽器を発売してくれるメーカーはありがたい。弾きこなせる自信はないけど、是非そばに置いておきたい。
d0038566_11122856.jpg
そして、今年はただ楽器を見て周るのが目的ではなく、ある目的のために来た感もある。それが楽器フェアで行われたライブイベントSynthJAMだ!4人の著名なシンセマスター(松武さん、氏家さん、土橋さん、浅倉さん)に加え、ギターリストのスギゾーさんをゲストに迎えて行わた豪華なセッションライブ。各人のパフォーマンスは圧倒的で、ステージ背後のスクリーンに映し出される幻想的な映像と相まって、素晴らしいものだった。
d0038566_11133512.jpg
今年は、日本のシンセサイザー奏者の先駆者である富田勲氏が亡くなったこともあり、彼をトリビュートする演奏も多く聴かれた。スギゾー氏のゲスト出演の承諾も、その想いに賛同してのことだったという。
そして、最後のアンコールでは、YMOの2曲(ライディーンと千のナイフ)を演奏!あの松武氏のMOOG(通称タンス)も大活躍で大変感動した。

いい音、伝統と最新の技術、人との関わり合い、を感じることができた素晴らしい楽器フェア2016だった。

[PR]
by tara-ex | 2016-11-23 11:29 | 音・映像 | Comments(0)
<< “The Other Side... ひと夏の出来事 >>