「ほっ」と。キャンペーン

紡ぐ手/熊谷幸子

「私の運命」というドラマを皆さんはご存知だろうか?TBSで'94年の10月から6ヶ月間にわたり放送され、ボクはそれを毎回欠かさずに観ていた。



ストーリーは、坂井真紀演ずる主役(私)が、婚約者(東幹久)とのガンによる死別など様々な試練を乗り越え、残された家族とともに強く生きていくというもの(ちょ〜端折った説明で申し訳ありません^^;)。民放の連続ドラマとしては珍しく全21話の長編だった。10年以上も前のもので詳細な内容は正直覚えていない。しかし、いまでも強烈にボクの心の中に残っているものが、そのドラマの中で流れていた音楽なのだ。

ボクはこのドラマのサントラCDを今でも大切に持っている。その中で、メインテーマとなる「紡ぐ手」という曲はボクのお気に入りのひとつ。ギターが奏でるメロディは暖かみがあり物悲しくもあり(この表現好き^^;)、まさにこのドラマの主人公にぴったりの美しい曲だ。
人にはそれぞれ思い入れのある大切な曲がきっとあって、それは自身のテーマ曲だったり、気分の落ち込んだときに聴いたりするものだったりする。ボクにとってこの曲は、それに値するもののひとつ。しかし、この曲のタイトルが示すものは未だに少し分からない。
音楽を手がけたのは熊谷幸子という人。ボクはこのサントラで彼女の名前を知ったのだが、当時は数々のシングル曲を発表していたアーティストで、歌手活動以外にもこのような音楽も手がけるといった幅広い活動をしていたようだ。現在は表舞台には顔を出さず裏方に徹している様子。

このサントラCD、実は当時好きだった女の子にプレゼントした思い出がある(*^_^*)。自分の価値観を人に押し付けるのは何なのだけど、大切なものを共有してほしいという思いからか、ボクは何度かそういうことをしたことがあるんだなぁ。

そんなことを思い出しながら今日もこの曲を聴く。最近やけのこの曲を聴いているけどなんでだろう??
ん〜、なんだか弾きたくなってきたよ〜(^o^)/。
[PR]
by tara-ex | 2006-03-31 02:42 | 音・映像 | Comments(6)
Commented by yasusan-36 at 2006-03-31 17:44
その時、その時代にある思い出の曲ってありますね。
僕もあるな〜、いろいろ、、、。最近よく思い出すのは『抱きしめたい』(だっけな?)のカルロストシキです。(雰囲気ぶちこわしでスイマセン汗;)。好きな娘に自分の好きなCDかぁ。なんだか僕も昔の事思い出しちゃうなぁ、、、。
でも10年以上前のCDを今でも大切に聴けるってすごい事だと思います。僕もちょっと振り返って昔の曲、聴いてみたくなりました。
Commented by tara-ex at 2006-04-01 10:10
カルロストシキ、懐かしいですね^^。あの澄み切った声、好きでした。
yasusanさんもボクと同じような経験(好きな子にCD)があるのですか^^?歌や曲ってメッセージ性が強いですよね。その時代の背景なども反映されているものも多いので、古い曲を聴き直すと昔を思い出せて良いですよ。たまには思い出の曲を聴いてみることをyasusanさんにもお勧めします。
Commented by yasusan-36 at 2006-04-03 18:44
ありますよ〜。もちろん! ^^
でもセコいのでダビングしたテープ(まだMDなんか無いものね)だったり、、、。そうか、セコいとダメだったんだ。(納得)
taraさんの言う通りメッセージ性が強く、全く趣味の合わない物などをあげてしまった場合、一気に距離が遠のいたりして、、、(苦笑)。
Commented by tara-ex at 2006-04-04 00:28
お、テープ!いいですね^^。いや、せこくたって気持ちが伝わればいいのですよ。実はボクなんか自作の曲をプレゼントしたこともあるんですよ(寒ーい)。
Commented by yasusan-36 at 2006-04-04 17:55
さ、さむ~~~。^^
でも音楽好きで自分で演奏出来る人は皆一度はやってるのでは?。
まあ手紙みたいなものですかね〜。昔の友達でいましたよ。ヘビメタでしたけど、、、。結果はチョメチョメでした。(古〜)
Commented by tara-ex at 2006-04-04 22:56
はは、やっぱり?サブイ^^;。ちなみに「オマエが好きだ〜♪」みたいな歌詞ではありませんでしたけどね……念のため。
ヘビメタで愛の告白もいいですね。ボクがそのお相手ならグッと来ていたかも?結果はチョメチョメ……って山城新伍風(ボクもいまだに使ってます^^;)。
<< Before-After -その1- 新たなる挑戦 >>