カテゴリ:録音( 34 )

「Miami 2017」を弾く

前回の録音から約4ヶ月経った。やはりどんなに頑張っても、一曲こなすのにこのくらいの期間が必要か……いや、今回の録音を終えて、曲の選択によってはもう少し早く更新できるような気がしている。というのも、今回のピアノの演奏・アレンジでは今までに無いものに挑戦したし、新しい要素も取り入れていた。それらに少し時間がかかってしまったようだ。演奏は、確実に成長している、と信じたい。

さて、今回挑戦したのは、ビリージョエルの『Miami 2017』という曲。この曲の解説、様々な演奏の苦労話は後述するとして、早速今回の録音を載せておこう。



いかがでしょう?今までのボクの演奏にはない、アップテンポの曲に仕上がっていると思う。

この曲は、ビリージョエルが1976年に発表した曲で、アルバム『ニューヨーク物語』に収録されているもの。
(記憶が正しければ)これを初めて聴いたのは、1991年に東京ドームで行われたビリージョエルの来日コンサート(おそらく、1月3日)を観に行ったとき。それまでボクはもちろん彼のファンだったけど、持っていたアルバムは旧ソ連でのライブを録音した『コンツェルト-ライヴ・イン・U.S.S.R.-』と、その時の最新アルバム『Storm Front』、2枚組のベストアルバムだけ(これでファンと言えるかどうか…)。だから当然、当時この曲のタイトルさえ知らなかった。しかし、キャッチーなメロディーで展開がドラマチック、アップテンポなロックでカッコいい!というのが印象だった。
後に調べてこの曲を知ったあとは、何回も聴いているうちにボクの大好きな曲の一つとなった。

タイトルの「2017」から想像できるが、この曲を作った当時に未来の2017年を想像して彼が書いたもの。その歌詞は意味深で、いろんな想像を掻き立てらる(もっと知りたい人はウィキベディアなどで調べてね)。
そして今年に入り、そのタイトルにある2017年となる。その歌詞のとおりにこの世界が破壊的な状態になっていないことにホッとするとともに、ボクがピアノを始めたきっかけはビリージョエルであり、その彼に感謝を表すにはこの曲でこの時しかないと思った次第です。はい。

今回の演奏についての感想だが、今回は今までになく苦労した。ビリージョエルの曲なのでピアノでのアレンジという点では、結構スムーズに進行した。和音やベースラインなどのフレーズは早めに決めることができたし、ボクのできる範囲の中では比較的よくまとまったのではないかと思う。

ただ、この曲は素敵なピアノのイントロで始まるのだが、このフレーズがトリッキーで、練習の初めからつまづくことに。しかも、このフレーズはエンディングでもう一回登場する。演奏の最後は一番緊張するので、練習にかなりの時間を費やした。
ボクの演奏の弱点は本当にたくさんある。その中でも一番の問題は、リズムのキープ力がないこと。こういったアップテンポの曲ではリズムのキープが大事なことは間違いないが、メトロノームを使って練習してやっとここまで出来た感がある。まだまだ練習が必要なのは間違いない。

そして、今回の最大の挑戦、フットパーカッション(足に取り付けるタンバリン)の導入である!演奏中に、“シャンシャン”なっているのがそれ。
この曲はアップテンポなのでリズム楽器が一つ加われば面白そうだなと、アマゾンで普通のタンバリンを探していていた。そしたら、オススメ情報にこのタンバリンが登場。これだと、ピアノを弾きながらタンバリンを足で演奏できる!と興奮気味にポチッと購入。
演奏のイメージはできていた。しかし、やってみると、かなり難しい。ひたすら練習の日々。仕事をしながらの貧乏揺すりも、これを意識しながらやっていたヽ('ー`)ノ~
その練習の甲斐あって(?)聴かせられるレベルまでにはなったと思っている。ただ、最初の導入にしては、練習時間が少し足りなかったし、この曲は難易度が高すぎたかも。

この楽器を手に入れたことは、自分の演奏の幅を広げる大きな要素となりそうだ。YouTubeを検索したけど、ピアノとフットパーカッションを組み合わせて演奏している人は今のところ見つけられない。もう少し研究して、このアイテムの記事をブログに載せられたらと考えている。
目標は、フットパーカッション世界大会のセミファイナリスト!そんなの無いと思うけど……

新たな武器、演奏への手応えをを手に入れ、つぎの曲に望みたい。

[PR]
by tara-ex | 2017-05-04 13:08 | 録音 | Comments(0)

“The Other Side Of Love”を弾く

紡ぐ手」の録音から早4ヶ月。という記述から、演奏の録音に関する記事はいつも始まってしまうが、ボクのような大人になってからピアノを始めた者にとっては、新しい曲に取り掛かると納得のいく演奏までにはこれくらいかかってしまうということか。

さて、今回挑戦した曲のピアノアレンジと録音が終わったので紹介したい。予告していた通り、選んだ曲ははボクの大好きなJ-Pop、坂本龍一 featuring Sister Mによる「The Other Side Of Love」だ。この曲は、ドラマ「ストーカー 逃げきれぬ愛」の主題歌でもあったが、残念ながらボクはそのドラマを見ていない。ということで、ドラマに対しての思い入れは一切無いが、教授が作る歌モノは非常にメロディアスで切なくて好きな曲が多い。
はい!早速その演奏です!



アレンジや演奏は、実際に教授がこの曲をピアノで演奏している動画をYouTubeで見つけて、それをかなり意識したが……。う〜ん、まだまだといった感じだ。原曲よりもゆっくり弾いたが、あらためてリズムをキープするのが難しい。音にもバラツキがある感じだ。
これにさらに他の楽器の演奏を加えようとする構想を持っていたが、この演奏がちょっとイメージ通りじゃなかったので、今はどうしようか迷っている。

しかし、前に進まなければいけない!次に挑戦する曲は、ボクの中でもう決まっている。じゃぁ、言ってしまえよ!言ってしまおう!(って大した事ないか。)
次に挑戦するのは、ボクの大好きなビリージョエル!そして、その彼の名曲「Miami 2017 (Seen The Lights Go Out On Broadway)」です。この曲へのボクの思い出などは録音が終わった時に書くとして、タイトルにもある「2017」っていうのは、おそらく2017年のこと。そして来年は2017年!「いつ弾くの?今でしょ!」って感じかな^^;

どう?いいでしょ?ね!?

[PR]
by tara-ex | 2016-11-23 13:01 | 録音 | Comments(0)

「紡ぐ手」を弾く(2016年バージョン)

Lonely Butterfly」の録音から早3ヶ月。次に挑戦した曲の録音が終わった。今回録音したのは「紡ぐ手」という曲。と言ってピンとくる人は多くないと思うが、この曲は1994年にTBSテレビ系列で放送された「私の運命」というテレビドラマの中で使用されていた、熊谷幸子というシンガーソングライターの作曲によるもの。いわゆるサントラの中の曲だ。実はこの曲、10年前にもこのブログで取り上げていて、ボクの大切な思い出の曲。その時もピアノ演奏の録音にチャレンジしたので、今回は10年後の再チャレンジということになる。

さて、なんで今回この曲をもう一度弾こうかと思ったのかというと、理由はいろいろとある。前回の録音はマイク一本のオーディオ録音のみで、それをホームページに貼り付けているだけだった。あれから10年経って、自分の演奏も少しは上達してきたし、良い音質で動画を撮影できる状況も整った。そこで、やはり自分の大切な曲なので、その気持ちを込めて演奏を共有したいと思ったからである。

では、前置きはこのくらいにして、肝心の演奏がこちら。



いつもの通り、完璧な演奏には程遠いが、今の自分の実力ではここまで。改めてこの曲を弾くと、そのコード進行やメロディーの響きの美しさに感心させられる。

アレンジについてはかなり考えた。前回10年前はピアニカをピアノの演奏に重ね撮りしたが、今回はピアノだけにした。その代わり、アレンジに少し工夫をして、オクターブを移動させたり、和音やプラルトリラー(装飾音)を使用した。その結果、演奏の難易度は少し上がったが、練習の甲斐もありピアノ曲っぽいものになったと思っている。

この曲の録音を完了したことで、多くの面で一つの課題をクリアできたように思う。
さて、次は以前から弾きたいと思っていた、カッコイイJ-POPの曲に挑戦したいと思う。

※最後に、10年前のこの曲に挑戦した時に書いた、ブログのリンクを貼っておきます。


[PR]
by tara-ex | 2016-07-24 11:16 | 録音 | Comments(2)

“Lonely Butterfly”を弾く

昨年(2015年)の自分の音楽生活においては、レベッカの再結成が最大の関心事であった。ライブも3回見に行ったし、さらには、NHKのSONGSスペシャル、紅白歌合戦で彼らの姿をテレビで見られて、思い残すことなく2015年を終えた。本当にありがとう、レベッカ!!

しかし、その興奮冷めやまぬまま年が変わり、ピアノでレベッカの曲を弾いてみたい気持ちになった。弾きたい曲はたくさんあるが、真っ先に思いついたのが“Lonely Butterfly”。学生のときに始めて買ったいわゆるミュージシャンのCDが、まさにこの曲が収録されている「TIME」というアルバム。当時、カセットテープに録音してソニーのウォークマンでこのアルバムを聴くことが楽しみだった。シングルカットされたこの曲は詞、メロディー、アレンジとも含めて大好きなのだが、ライブでのアレンジは原曲のそれよりもすごくカッコいいのだ。特に曲の終わりの土橋さんのシンセのメロディーは最高!あのパートを絶対ピアノで再現したい!という思いで練習をはじめることにした。

練習は、学生時代に買ったアルバム「TIME」のバンド譜を元にコードを調べるところから始める。そして当然ながら、この曲にはピアノパートがあるわけではないので、自分のテクニックに合わせてピアノソロ用にアレンジをしなければならない。どれだけ良いアレンジができるかが肝心なんだけど、なにせテクニックも知識もないボクなので大いに悩むことに。ただ、こだわったのは、ピアノで原曲に近いアレンジを目指すのではなく、あくまでもピアノで弾いたときに一番ピッタリとくるアレンジにすること。そのため、原曲よりもかなりテンポを落として、しっとりとしたバラード調に仕上げることにした。

終盤のパートは、自分でアレンジしたにもかかわらず上手く弾けない。。。しかしここは一番の聴かせどころと思っていたので、練習にかなりの時間を費やした。自分は左手の指の力が足りないと感じていたが、このとき改めて、右手ももっと練習が必要であることを痛感する。最後にイントロを再現しようかどうか迷ったけど、Aメロと同じコード進行なのでバッサリとカットした。

まだまだ完璧に弾けないけど、あまり長く同じ曲ばかり練習していても前に進めないので、ここら辺で録音(録画)しよう、ということで録画したのがこちら。


前回同様、録音・録画の機材はSonyのミュージックビデオレコーダー「HDR-MV1」一台。このビデオは画質、音が良いのはもちろん、何と言ってもWi-FiでiPhoneから操作できるのがうれしい。iPhoneの画面を見ながら位置をセッティングできるし、何回も間違えるボクにとっては、撮り直すたびにビデオの録画ボタンまで手を伸ばす必要がない。そして、録画したファイルをWi-FiでiPhoneに飛ばせる(時間はかかるが)。ただ、画角がかなりワイドなので、普通に横から撮るとちょっと遠近間が強く出すぎて違和感がある。やっぱり今回のように上から取るのが一番かな。音もステレオでバランスよく録れるしね。

さて、録画の方はというと、演奏を数回繰り返したが意外とスムーズにできた。終盤のお気に入りのフレーズも……まあまあ妥協できるレベルかな。電子ピアノのおかげで練習する時間が増えたのはかなりの効果だ。ただし、録画・録音を伴う演奏は、相変わらず緊張すr。全体的に演奏が硬いので、もっと滑らかさがほしい。100%の演奏には程遠く、いつも妥協せざるを得ないのだが、これはとにかく練習で克服するしかないと思う。

さぁ、すぐに次の曲の練習に入ろう。

[PR]
by tara-ex | 2016-04-23 21:32 | 録音 | Comments(0)

“Boxing”を録音した!

最近ピアノの演奏を録音してないなぁ、なんて思って過ごしていたんだけど、昨年末ピアノを調律してもらって音も良くなったことだし、いっちょう挑戦してみますか!という気持ちになった。
で、何を録音しようかと考えて、このブログで取り上げたことはあったけど、そのまま放置していた曲を録音しよう、という考えに至った。あらためて思い起こすと、そんな曲はたくさんあるヽ('ー`)ノ~ その中で、同じくあらためて聴いているのが「Ben Folds Five(BF5)」。やっぱ、カッコイイよね!最近再結成したみたいだけど、詳細は知りません。昔みたいなサウンドだったら良いのだけど。

早速、BF5について書いた自分のブログ記事を検索したら、なんと約4年前(前回ピアノを調律した時期と同じくらいか)!
“Boxing”を弾く(2011/11/12)
“Boxing”を弾いてみた(2011/11/27)

この曲はバラードなのでBF5の中でもそんなに難しい曲でもないし、昔と違ってフルコーラスをピアノで弾こうなんて気持ちも毛頭ない。ということで、思い出しながら少し練習して一気に録音へ……そして、録音(録画)したのがこちら!



どうでしょう?1コーラス分なので、ちょっと短めかな。今回から、こんな感じで短めにいきます(あんまり長すぎると、緊張しすぎて心臓によくない…)。

そして、今回から録音方法を変えた。というのも、以前は、コンデンサーマイクやオーディオインターフェースを使ってMacで録音していたけど、そういうのも年齢とともに面倒になってきた。そこで、今回使ったのが、Sonyの「HDR-MV1」というミュージックビデオレコーダー。そのワイドな画角を活かして上から撮ってみたけど、結構イイ感じに撮れている。これについては、検証を重ねてあらためてブログでレビューしたい。

とにかく、放置していた曲を録音できて、ちょっとすっきりとした気分。今年はもっと、こういった曲を録音していきたい。
ということで、新年一発目のブログネタでした。

[PR]
by tara-ex | 2016-01-17 13:44 | 録音 | Comments(0)

energy flow (video)

GWは久しぶりに実家に帰ってピアノを弾きました。やはり思っていた通り、実力は落ちていましたね。でも、なんとか頑張って録音まで至りました。久しぶりのピアノネタをアップできて、嬉しいです。
曲は、ボクの大好きで、みんなも良く知っている、教授の“energy flow”です。シンプルで美しいメロディ。簡単そうですけど、やっぱり難しいです。良かったら聴いてください!!

I played the piano for the first time in four months. As I thought, my performance has diminished. But I did the best to record my playing.
This is one of my favorite tunes, "energy flow". Original one that Ryuichi Sakamoto plays is so beautiful. Someday, I want to be able to play this better than now.


[PR]
by tara-ex | 2010-05-08 20:03 | 録音 | Comments(0)

The Last Emperorを弾く -ムービー編-

久しぶりに思い切りピアノを弾きました。ラストエンペラーのテーマです。とても好きな曲ですが、いつ弾いても難しいです。今回の演奏は、前回省略したイントロ部分を含めた6分強のフルバージョンです(あ〜緊張した^^;)。
しかし、こうして自分の弾いている姿を見ると、いつもがっかりします。演奏もさることながら、本当に姿勢が悪い。最初は少し気を付けているんですけどね。弾いているうちに演奏に集中してしまって、そっちまで気が回らなくなります。



新しい曲にも挑戦しています。そっちはまだまだで、すぐにお披露目という訳にはいきませんが、近いうちに紹介したいです。
ところで、ピアノって弾かないと音が狂ってしまうんですね。今回それを実感しました。
[PR]
by tara-ex | 2009-05-08 23:13 | 録音 | Comments(0)

Merry Christmas, Mr. Lawrence

有名な曲です。シンプルな構成ですが、すごく難しいです。今回も途中で演奏が何度か引っかかっています(ご愛嬌)。教授の一番お気に入りの曲は?と聞かれたら、まず、この曲が頭に思い浮かぶでしょうね。


[PR]
by tara-ex | 2008-11-02 00:17 | 録音 | Comments(6)

Yamazaki 2002

「Yamazaki 2002」という曲です。タイトルから想像できるように、サントリーウィスキー「山崎」のCM用に、教授が書き下ろした曲です。CMバージョンとあって短いです。
「Energy Flowがあんなにヒットして、なんでこっちはヒットしないんだろう」と教授がぼやいていましたが、ボクも同感です。とっても良い曲ですね。キーは同じですが、こちらは3拍子で、それだけでもずいぶん雰囲気が違います。CMで聴いたことがある人もいるかもしれませんね。


[PR]
by tara-ex | 2008-10-27 20:15 | 録音 | Comments(6)

The Last Emperorを弾く -録音完了(最終節)-

昨年の9月に弾き始めたから6ヶ月もかかってしまったのか……。本日やっと録音が終わりました。
言い訳じゃないですが、素人がこの曲を間違えずに弾けるなんてことはありえないです(やっぱり言い訳;)。かなり練習したのだけど、録音を始めると、いつもの緊張する癖が出て間違いだらけ(指がカチカチ)。ホント、今日は一日この曲を弾いていました。間違えては最初から録り直す作業の繰り返し。まともに最後まで弾けたのを数テイク録って、そのうちの一番良い演奏をアップしました。
d0038566_22165344.jpg

さて、この曲に合わせて夜桜の写真をピックアップしました。なんとか、桜が散ってしまう前に間に合ったでしょうか。良かったらこちら([My playing]をクリック)から演奏を聴いてくださいませ。まぁ、細かいところは気にせずに(^。^;)。
[PR]
by tara-ex | 2008-04-06 22:37 | 録音 | Comments(6)