タグ:ピアノ ( 112 ) タグの人気記事

Yamaha refaceとの出会い

ピアノもいいけどオルガンの音色っていいなぁって、昔からずっとあこがれていた。オルガンと言っても、教会にあるようなパイプオルガンではなく、ハモンドに代表される電子オルガンのこと。ジャズやロックなどで良く聴かれるよね。とくに、レスリースピーカー(内部のホーンが回転するスピーカー)との組み合わせは最高。あのスピーカーの回転の切り替えがたまらなくカッコいい。

最近になってYamahaから「reface」というキーボードのシリーズが発売された。4つのラインナップがあるのだが、その中の一つが「reface YC」。オルガン専用のキーボードだ。オルガンの音色ってほとんどのキーボードに入っているけど、音色の細かい調整ができないものが多い。しかし、これは、音色を自在に変えることができるドローバーやスイッチが付いていて本格的!鍵盤のサイズは一回り小さいけど、質感もいいし赤のボディーがカッコいい。思い切って購入に踏み切った。

届いて早速弾くと、思っていた以上に音が厚くていい感じ。ドローバーやパーカッションをオンオフしてレコードの音を真似たりして、ただ普通に弾く以外にも音作りの楽しみがある。スピーカーが付いていて電池駆動もOKだから、どこでも弾けるね。
また、refaceの鍵盤は小さいけど弾き心地が良い。鍵盤が小さいのはデメリットなんだが、オルガンでよく使われるグリッサンド奏法がしやすいというメリットがある。
鍵盤数がちょっと足りないと感じたときは、愛用のCASIOプリビアにMIDIでつないで弾いている。ピアノ鍵盤でオルガンを弾くのも悪くはない。

ただ、予想してはいたのだけど、ひとつ残念なのがロータリースピーカーのエフェクトの質だ。電子オルガンはロータリースピーカーと組み合わせることで、その表現がすごく豊かになる。ハモンド系の電子オルガンには欠かせないアイテムだ。このスピーカーをシュミレートするエフェクトが内蔵さてれいるのだけど、リアルにはほど遠く少しチープな感じだ。少し高くつくが、外部に接続するロータリースピーカーのエフェクトを探すことにした。

そして、Youtubeで検索して見つけたのがStrymonの「Lex Rotay」。他にもNeo Instrumentsの「mini VENT」やElectro-Harmonixの「Lester K」なども候補に挙げたけど、「Lex Rotay」は値段がお手ごろで、ロータリースピーカーの特長をよくつかんでいると思う。
エクスプレッションペダルやVOXのスピーカー「SOUNDBOX Mini」も手に入れて、最高のセッティング。この組み合わせで、どんどんオルガンの演奏を楽しもうっと!
d0038566_17191114.jpg
そんなことで、録音もしてみた。前にピアノで弾いた『Miami 2017』に重ね録り。アナログなピアノとデジタルとの音程の差が心配だったが、それほどずれてもいないようで、結構上手くいった。オルガンの音がちょっと大きい様な気もするけど、そこはご愛嬌。



[PR]
by tara-ex | 2017-09-16 17:21 | 練習 | Comments(0)

Rockin the Suburbs(2001年)by Ben Folds

今更このアルバムについてブログに書くことを許してほしい。でも、書かずにはいられない。それほど、素晴らしいアルバムに出会ったのです!それは、ベン・フォールズ(Ben Folds)のアルバム『Rockin the Suburbs』だ。

最初に「今更」と前置きしたのは、このアルバムがリリースされたのは2001年、もう16年も前だから。
ベン・フォールズ・ファイブ(BF5)が解散して、ベン・フォールズがソロアルバムを出していることは知っていたが、ずっと手にすることを敬遠していた。それは、本当にBF5のサウンドが大好きで、いくらベン・フォールズが良い曲を作っても、あの三人(ピアノ・ヴォーカルのベン、ベースのロバート、ドラムのダレン)が揃って醸し出す音じゃないと意味が無い!って思っていたからである。

最近になってBF5が再結成したことを知ってYouTubeをチェックしたりしていたんだけど、ベンは歳をとって声が変わっちゃったし、ロバートも激太りしていてなんかパッとしないなぁっなんて思っていた。
しかし、ベンフォールズの「Landed」って曲を再結成したBF5のメンバーが演奏している動画をみて、もう「すげ〜いいじゃん!」って大興奮。そして、ベンフォールズの他の曲を探しているうちに、このアルバムにたどり着いたってわけ。



アルバムを手にするきっかけとなったのがアルバムの1曲目の「Annie Waits」なんだけど、これが本当にすばらしくて、それを始めに立て続けに良い曲ばっか!こんなにハズレのないアルバムって、ボクの中で初めてなんじゃないかな。
サウンド面では相変わらずのベンのピアノ演奏は素晴らしくて、BF5時代にはあまり聴けなかったギター、シンセやオルガンのアレンジのセンスも光る。しかも、そのほとんどの楽器をベンが演奏しているという。本当に才能のある人だ。

もっと早くにこのアルバムを手にしておくべきだったか。。。いや、「Zak and Sara」は当時のソニーハンディカムのCMで流れていて知っていたんだけど、今聴くと、その新鮮さはハンパない。そう、今この時期にしての最高の出会いであり、決して遅くはなかったのだ。

これから暑い季節がやって来るが、このアルバムとともに熱中して過ごせそうだ。

[PR]
by tara-ex | 2017-05-28 13:30 | 音・映像 | Comments(0)

“The Other Side Of Love”を弾く

紡ぐ手」の録音から早4ヶ月。という記述から、演奏の録音に関する記事はいつも始まってしまうが、ボクのような大人になってからピアノを始めた者にとっては、新しい曲に取り掛かると納得のいく演奏までにはこれくらいかかってしまうということか。

さて、今回挑戦した曲のピアノアレンジと録音が終わったので紹介したい。予告していた通り、選んだ曲ははボクの大好きなJ-Pop、坂本龍一 featuring Sister Mによる「The Other Side Of Love」だ。この曲は、ドラマ「ストーカー 逃げきれぬ愛」の主題歌でもあったが、残念ながらボクはそのドラマを見ていない。ということで、ドラマに対しての思い入れは一切無いが、教授が作る歌モノは非常にメロディアスで切なくて好きな曲が多い。
はい!早速その演奏です!



アレンジや演奏は、実際に教授がこの曲をピアノで演奏している動画をYouTubeで見つけて、それをかなり意識したが……。う〜ん、まだまだといった感じだ。原曲よりもゆっくり弾いたが、あらためてリズムをキープするのが難しい。音にもバラツキがある感じだ。
これにさらに他の楽器の演奏を加えようとする構想を持っていたが、この演奏がちょっとイメージ通りじゃなかったので、今はどうしようか迷っている。

しかし、前に進まなければいけない!次に挑戦する曲は、ボクの中でもう決まっている。じゃぁ、言ってしまえよ!言ってしまおう!(って大した事ないか。)
次に挑戦するのは、ボクの大好きなビリージョエル!そして、その彼の名曲「Miami 2017 (Seen The Lights Go Out On Broadway)」です。この曲へのボクの思い出などは録音が終わった時に書くとして、タイトルにもある「2017」っていうのは、おそらく2017年のこと。そして来年は2017年!「いつ弾くの?今でしょ!」って感じかな^^;

どう?いいでしょ?ね!?

[PR]
by tara-ex | 2016-11-23 13:01 | 録音 | Comments(0)

楽器フェアに行ってきた(2016)

もうだいぶ経っちゃった事だけど、今年も楽器フェアに行ってきた。
楽器フェアに行く目的は、新しいたくさんの楽器を見られること、その場で触ったり弾いたりできること、楽器好きな人と一緒の空間に居られること、など。
ボクは鍵盤楽器が好きなので、一番の目的はピアノや最新のシンセサイザーに触れること。

その中でもボクの大注目なのが、ヤマハのRefaceシリーズ!小さいボディながらも細部のパーツにまでこだわった品質の高さ、高価なシンセにも負けない本格的な音が出せるという魅力的な機種だ。ネット動画などで、その大きさからは想像できない素晴らしい音に惚れ込んでいたけど、やっとここで実際に弾いて音を聴くことができた。

Refaceシリーズは4機種あってどれもすごく魅力的なんだけど、ボクが一番欲しいのが電子オルガン専用のReface YC。そう、Refaceシリーズは、機種ごとに専用の音源を搭載したキーボードのシリーズなのだ。ハードウェアシンセの売れ行きが頭打ちになってきてる中、こういう楽器を発売してくれるメーカーはありがたい。弾きこなせる自信はないけど、是非そばに置いておきたい。
d0038566_11122856.jpg
そして、今年はただ楽器を見て周るのが目的ではなく、ある目的のために来た感もある。それが楽器フェアで行われたライブイベントSynthJAMだ!4人の著名なシンセマスター(松武さん、氏家さん、土橋さん、浅倉さん)に加え、ギターリストのスギゾーさんをゲストに迎えて行わた豪華なセッションライブ。各人のパフォーマンスは圧倒的で、ステージ背後のスクリーンに映し出される幻想的な映像と相まって、素晴らしいものだった。
d0038566_11133512.jpg
今年は、日本のシンセサイザー奏者の先駆者である富田勲氏が亡くなったこともあり、彼をトリビュートする演奏も多く聴かれた。スギゾー氏のゲスト出演の承諾も、その想いに賛同してのことだったという。
そして、最後のアンコールでは、YMOの2曲(ライディーンと千のナイフ)を演奏!あの松武氏のMOOG(通称タンス)も大活躍で大変感動した。

いい音、伝統と最新の技術、人との関わり合い、を感じることができた素晴らしい楽器フェア2016だった。

[PR]
by tara-ex | 2016-11-23 11:29 | 音・映像 | Comments(0)

「紡ぐ手」を弾く(2016年バージョン)

Lonely Butterfly」の録音から早3ヶ月。次に挑戦した曲の録音が終わった。今回録音したのは「紡ぐ手」という曲。と言ってピンとくる人は多くないと思うが、この曲は1994年にTBSテレビ系列で放送された「私の運命」というテレビドラマの中で使用されていた、熊谷幸子というシンガーソングライターの作曲によるもの。いわゆるサントラの中の曲だ。実はこの曲、10年前にもこのブログで取り上げていて、ボクの大切な思い出の曲。その時もピアノ演奏の録音にチャレンジしたので、今回は10年後の再チャレンジということになる。

さて、なんで今回この曲をもう一度弾こうかと思ったのかというと、理由はいろいろとある。前回の録音はマイク一本のオーディオ録音のみで、それをホームページに貼り付けているだけだった。あれから10年経って、自分の演奏も少しは上達してきたし、良い音質で動画を撮影できる状況も整った。そこで、やはり自分の大切な曲なので、その気持ちを込めて演奏を共有したいと思ったからである。

では、前置きはこのくらいにして、肝心の演奏がこちら。



いつもの通り、完璧な演奏には程遠いが、今の自分の実力ではここまで。改めてこの曲を弾くと、そのコード進行やメロディーの響きの美しさに感心させられる。

アレンジについてはかなり考えた。前回10年前はピアニカをピアノの演奏に重ね撮りしたが、今回はピアノだけにした。その代わり、アレンジに少し工夫をして、オクターブを移動させたり、和音やプラルトリラー(装飾音)を使用した。その結果、演奏の難易度は少し上がったが、練習の甲斐もありピアノ曲っぽいものになったと思っている。

この曲の録音を完了したことで、多くの面で一つの課題をクリアできたように思う。
さて、次は以前から弾きたいと思っていた、カッコイイJ-POPの曲に挑戦したいと思う。

※最後に、10年前のこの曲に挑戦した時に書いた、ブログのリンクを貼っておきます。


[PR]
by tara-ex | 2016-07-24 11:16 | 録音 | Comments(2)

“Lonely Butterfly”を弾く

昨年(2015年)の自分の音楽生活においては、レベッカの再結成が最大の関心事であった。ライブも3回見に行ったし、さらには、NHKのSONGSスペシャル、紅白歌合戦で彼らの姿をテレビで見られて、思い残すことなく2015年を終えた。本当にありがとう、レベッカ!!

しかし、その興奮冷めやまぬまま年が変わり、ピアノでレベッカの曲を弾いてみたい気持ちになった。弾きたい曲はたくさんあるが、真っ先に思いついたのが“Lonely Butterfly”。学生のときに始めて買ったいわゆるミュージシャンのCDが、まさにこの曲が収録されている「TIME」というアルバム。当時、カセットテープに録音してソニーのウォークマンでこのアルバムを聴くことが楽しみだった。シングルカットされたこの曲は詞、メロディー、アレンジとも含めて大好きなのだが、ライブでのアレンジは原曲のそれよりもすごくカッコいいのだ。特に曲の終わりの土橋さんのシンセのメロディーは最高!あのパートを絶対ピアノで再現したい!という思いで練習をはじめることにした。

練習は、学生時代に買ったアルバム「TIME」のバンド譜を元にコードを調べるところから始める。そして当然ながら、この曲にはピアノパートがあるわけではないので、自分のテクニックに合わせてピアノソロ用にアレンジをしなければならない。どれだけ良いアレンジができるかが肝心なんだけど、なにせテクニックも知識もないボクなので大いに悩むことに。ただ、こだわったのは、ピアノで原曲に近いアレンジを目指すのではなく、あくまでもピアノで弾いたときに一番ピッタリとくるアレンジにすること。そのため、原曲よりもかなりテンポを落として、しっとりとしたバラード調に仕上げることにした。

終盤のパートは、自分でアレンジしたにもかかわらず上手く弾けない。。。しかしここは一番の聴かせどころと思っていたので、練習にかなりの時間を費やした。自分は左手の指の力が足りないと感じていたが、このとき改めて、右手ももっと練習が必要であることを痛感する。最後にイントロを再現しようかどうか迷ったけど、Aメロと同じコード進行なのでバッサリとカットした。

まだまだ完璧に弾けないけど、あまり長く同じ曲ばかり練習していても前に進めないので、ここら辺で録音(録画)しよう、ということで録画したのがこちら。


前回同様、録音・録画の機材はSonyのミュージックビデオレコーダー「HDR-MV1」一台。このビデオは画質、音が良いのはもちろん、何と言ってもWi-FiでiPhoneから操作できるのがうれしい。iPhoneの画面を見ながら位置をセッティングできるし、何回も間違えるボクにとっては、撮り直すたびにビデオの録画ボタンまで手を伸ばす必要がない。そして、録画したファイルをWi-FiでiPhoneに飛ばせる(時間はかかるが)。ただ、画角がかなりワイドなので、普通に横から撮るとちょっと遠近間が強く出すぎて違和感がある。やっぱり今回のように上から取るのが一番かな。音もステレオでバランスよく録れるしね。

さて、録画の方はというと、演奏を数回繰り返したが意外とスムーズにできた。終盤のお気に入りのフレーズも……まあまあ妥協できるレベルかな。電子ピアノのおかげで練習する時間が増えたのはかなりの効果だ。ただし、録画・録音を伴う演奏は、相変わらず緊張すr。全体的に演奏が硬いので、もっと滑らかさがほしい。100%の演奏には程遠く、いつも妥協せざるを得ないのだが、これはとにかく練習で克服するしかないと思う。

さぁ、すぐに次の曲の練習に入ろう。

[PR]
by tara-ex | 2016-04-23 21:32 | 録音 | Comments(0)

“Boxing”を録音した!

最近ピアノの演奏を録音してないなぁ、なんて思って過ごしていたんだけど、昨年末ピアノを調律してもらって音も良くなったことだし、いっちょう挑戦してみますか!という気持ちになった。
で、何を録音しようかと考えて、このブログで取り上げたことはあったけど、そのまま放置していた曲を録音しよう、という考えに至った。あらためて思い起こすと、そんな曲はたくさんあるヽ('ー`)ノ~ その中で、同じくあらためて聴いているのが「Ben Folds Five(BF5)」。やっぱ、カッコイイよね!最近再結成したみたいだけど、詳細は知りません。昔みたいなサウンドだったら良いのだけど。

早速、BF5について書いた自分のブログ記事を検索したら、なんと約4年前(前回ピアノを調律した時期と同じくらいか)!
“Boxing”を弾く(2011/11/12)
“Boxing”を弾いてみた(2011/11/27)

この曲はバラードなのでBF5の中でもそんなに難しい曲でもないし、昔と違ってフルコーラスをピアノで弾こうなんて気持ちも毛頭ない。ということで、思い出しながら少し練習して一気に録音へ……そして、録音(録画)したのがこちら!



どうでしょう?1コーラス分なので、ちょっと短めかな。今回から、こんな感じで短めにいきます(あんまり長すぎると、緊張しすぎて心臓によくない…)。

そして、今回から録音方法を変えた。というのも、以前は、コンデンサーマイクやオーディオインターフェースを使ってMacで録音していたけど、そういうのも年齢とともに面倒になってきた。そこで、今回使ったのが、Sonyの「HDR-MV1」というミュージックビデオレコーダー。そのワイドな画角を活かして上から撮ってみたけど、結構イイ感じに撮れている。これについては、検証を重ねてあらためてブログでレビューしたい。

とにかく、放置していた曲を録音できて、ちょっとすっきりとした気分。今年はもっと、こういった曲を録音していきたい。
ということで、新年一発目のブログネタでした。

[PR]
by tara-ex | 2016-01-17 13:44 | 録音 | Comments(0)

ピアノを調律してもらいました

久しぶりにピアノを調律してもらいました。約4年ぶりだとか。。。
d0038566_10010785.png
電子ピアノを購入したこともあって、最近の練習はもっぱらそれ(Privia PX-350)。そのピアノの音が素晴らしいこともあって、ついつい生ピアノでの練習に手を抜いてしまっていました。しかし、ここに来て再度、生ピアノを録音したいという気持ちが高ぶってきていたところ、ピアノの音の悪さを気にするようになってきていました。

調律は、いつもお願いしている河合楽器さんにお願いしました。以前は、中年の男性の方でしたが、今回は今年入社したばかりの女性の方でした。彼女によると、音程が全体的に下がっていたとのこと。また、気になっていた鍵盤の反応の悪さも直してもらいました。

ピアノの調律してもらうことは、正直面倒で費用も安いものではないですが、良い音で楽器に触れることは大事なことかと思います。当然、悪い音で弾くより、良い音で弾いた方が楽しいからです。また、電子ピアノの音が良いと前述しましたが、やはり生の音の良さにはかないません。しかし、住環境などの諸事情で生の楽器を自宅で演奏できない人のためにも、電子楽器メーカーにはもっと頑張って欲しいです。その中でも、RolandのV-Pianoはサンプリング音源の再生とは違った独自の技術を取り入れいているということで、気になるところです。

さて、ピアノの音も良くなったことで、また演奏の録音にも挑戦したいと思います!

[PR]
by tara-ex | 2015-11-28 09:31 | 練習 | Comments(2)

ゲス極サウンド その2

前回に続いて「ゲスの極み乙女。」ネタ!ということで、「キラーボール」をアレンジして弾いてみました。初めと終わりは手を抜いて、コードをサラッと弾いているだけです(^。^;)。コード進行が気持ち良くてノリもよくて大好きな曲なんですが、とにかく、この曲はリズムが早くて難しいです。自分でアレンジしていてなんなんですが、弾いていて指がつりそうになります。途中のちゃんMARIさんのショパンは、ボクにはもちろん弾けません!
さて今回は、ピアノの音で弾いたらボクの演奏にあまりしっくりこなかった(結構アラが目立った;;)ので、エレピ(ウーリッツァー)で弾いてみました。



しかし、ウーリッツァーって本当にいい音ですね。温かみがあるけど、力強い。音域は狭いけど、ボクはローズよりウーリッツァーの方がエレビでは好きです。Priviaでも、トレモロのエフェクトがかかっていて、結構いい音出るんですが、もうちょっとダイナミックに音が変化してほしいなぁと、Yamahaの「Reface CP」が気になる今日この頃です。

[PR]
by tara-ex | 2015-11-24 00:09 | 練習 | Comments(0)

ゲス極サウンド

「ゲスの極み乙女。」のサウンドに最近ハマってます。何を今更って思う人は多いと思いますが、ボクにとっては久しぶりに気にいって聴いているJ-popです。
彼らの生み出すキャッチーなメロディー、ユニークな歌詞、それを支える彼らの高いパフォーマンスに、一人の中年男はすっかり魅了されてしまいました。

彼らとの出会いは、今年初めて観に行ったRock in Japan 2015でした。それまで彼らの名前すら知らなかったので、彼らのステージを遠くから何気なく眺めていただけだったのですが、自然と耳に入ってくる彼らのサウンドを無視することはできず、身体が勝手にリズムを取っていたのを今でも覚えています。あのとき、もっとちゃんと見ておけば、と後悔してしまいますね。

“名前すら知らなかった”と書きましたが、彼らの曲をチェックしていたら以前聴いたことのある曲がありました。それは「私以外私じゃないの」です。 YouTubeで確認すると、コカコーラのCMソングだったのですね。当時は軽く聴き流してしまいましたが、今では大のお気に入りの曲です。
ボクよりもずっと若い世代の彼らですが、その歌詞には共感できる部分があります。おもしろいことですね。

ところで、キーボードのちゃんMARIさんが使っている赤いキーボード、素敵ですよね〜。クラヴィアの「Nord Electro 3 HP」というキーボードみたいです。このシリーズのキーボードをプロの方が使用しているのをよく見かけるのですが、ボディーもさることながら、ピアノの音色もとってもリアルで存在感があります。ゲス極のサウンドに欠かせないですね。

さて、自分のゲス極サウンドに挑戦!ということで、練習がてらカシオのPriviaで「ロマンスのありあまる」を弾いてみました。楽譜がないので適当にアレンジしていますが、こうして聴くと、PriviaのピアノサウンドもリアルでGoodです!



[PR]
by tara-ex | 2015-10-24 21:43 | 練習 | Comments(0)