タグ:坂本龍一 ( 44 ) タグの人気記事

楽器フェアに行ってきた。

22日(土)東京ビッグサイトで開催された、楽器フェアに行ってきました。楽器フェアは、国内外の楽器メーカーや関連企業が集まって、新製品や技術を発表する催しで、今回はなんと3年ぶりの開催だったそうです。

自分をこの催しに参加したいとまず思わせたのが、YMOのステージセットを展示するというニュースでした。全盛期の彼らの活躍は、おぼろげに覚えている程度でしたが、YouTubeなどで当時のライブを見ると興奮せずにはいられません。今でも色あせないサウンドとステージパフォーマンス、カッコイイですよね。

ビッグサイトの会場に入って、すぐにその展示を目指しました。あった!結構な人だかり。しっかり、大型モジュラー・シンセサイザー、通称「タンス」も展示されていました。正直、もうちょっと近くで見られたら良かったんですけどね。
d0038566_23464789.jpg
そのあと、とてつもなく広い展示場を見て回りました。さすが楽器フェア。あらゆる楽器が展示してあります。そして、ボクは一応ピアノ弾きなので、やはり鍵盤楽器が気になります。何点か気になったものを写真に収めたので紹介します。
最近気になっているビンテージのエレピ。シンセのPCMとかではなく、本物です。ほしいなぁ。。。
d0038566_23473236.jpg
最近の電子ピアノには、本物のアクションを採用しているものもあります。すごいですね。しかし、当然のことながら、スイッチを入れなければ音はでません。。。
d0038566_23491349.jpg
小さくて可愛いピアノです。たしか鍵盤が73鍵だったかな?用途によっては、こういうのもアリかもしれません。
d0038566_23511338.jpg
これはメディアで見たことがあります。黒鍵がありません。どういう弾き方をするのかわかりませんが、ちょっと奇妙ですね。
d0038566_23533191.jpg
これは、欲しいと思いました。写真にもありますが、形はアップライトでも、鍵盤はグランドピアノの機構だそうです。良いアイデアですね。
d0038566_23544455.jpg
最後に、ローランドの電子チェンバロ(ハープシコード)をチェックしてきました。探したけど、本物のチェンバロは展示していなかった模様。しかし、これを弾かせてもらって、なんとなくチェンバロの雰囲気はつかめました。思ったより、鍵盤が小さくて軽いタッチでした。
d0038566_00003268.jpg
もう一点、展示以外で「SynthJAM」というシンセの達人たちが集って演奏するステージを見たかったんですけど、時間の都合上見られませんでした。元レベッカの土橋さんが出演していただけに残念です。

と、こんな感じで、楽器フェアを存分に楽しんだ1日でした。次回もぜひ行きたいですね。


[PR]
by tara-ex | 2014-11-25 00:14 | 音・映像 | Comments(2)

Playing "Thousand Knives" (5)

今回はCメロに挑みました。今までの流れから一気に雰囲気が変わり、複雑なコード進行になります。ここは1人で弾くにはアレンジ、演奏ともにかなり難しいパートで、ひとつの大きな壁となるところです。

原曲の連弾では、1人はメロディー、もう1人はコードを押さえる役目をしています。原曲でメロディーはオクターブ奏法ですが、1音で弾いても違和感はなさそうです。それよりも、3連符をしっかりと弾いて旋律を滑らかに表現することが大事ですね。わざと、少しもたついた感じも出したいところです。左手は原曲に近づくように、コードを押さえるようにしたのですが、やはり左手だけだと少し厚みが足りないのは否めません。しかし、ここは割り切りました。

問題はこのパートの終盤です。一気に階段を駆け上がるように、32部音符が連なります。たくさん練習して、やっとここまで弾けるようになりました。最初は右手だけで弾こうとしていましたが、左手と右手を交互に使うことで、より早く滑らかに弾けることが分かったときには嬉しかったです。楽譜上は32部音符になっていますが、そこまできっちり弾かなくても雰囲気は出るようです。もう一回、このパートを繰り返すのですが、次は一気に階段を駆け下りるんですね。

難しい曲ですが、いろんな要素が詰まっていて、本当にやりがいがあります。


[PR]
by tara-ex | 2012-12-03 00:10 | 練習 | Comments(0)

Playing "Thousand Knives" (4)

今回はBメロをアレンジして弾きました。ほぼ楽譜通りですね。1人で弾いても、さほど違和感は無いと思います。左手のベースパートはなるべくスタッカートで弾きたいところですが、メロディーをつなげたいところは少しだけサステインペダルを使いました。
教授のアドバイスでは、ここは「伸びやかに歌うように」「勝利の高揚感(を持って?)」弾くとのこと。なるほど、ピッタリな表現です。しかし、まだまだそういう余裕は無いかも。
ちなみに、今回はマイク録りではありませんので、メトロノームの音が入っています。


[PR]
by tara-ex | 2012-11-25 23:11 | 練習 | Comments(0)

Playing "Thousand Knives" (3)

今回は、メインのフレーズを両手で弾いた動画をアップします。前回よりも少しだけテンポをあげました。それだけ進歩していると言いたいところですが、このフレーズだけでもまだまだですね。リズムをキープするのが難しいです。あと、メロディーはもっと歯切れよく弾きたいし、音の強弱もバラバラです。先が思いやられます。。。



This time, I played the main phrase with both hands. I played faster than the previous. I would like to believe my playing is improving. But it is far from complete. I have to keep the rhythm and keyboard pressure. I also want to play each note more clearly. I'm worried about the future of my practice.
[PR]
by tara-ex | 2012-03-04 16:43 | 練習 | Comments(0)

Playing "Thousand Knives" (2)

「Thousand Knives」の2回目です。今回は前回のフレーズの左手のパートをご紹介します。右手のフレーズがかなりトリッキーなので、左手のアレンジはシンプルにして右手に集中したいところですね。
コード感を出すために、必要最低限の和音を押さえています。二つ目のコードの和音がちょっとばらけているのはご愛嬌ということで、次までにはもっと練習しておきたいと思います。
さて、次はここのフレーズを両手で弾いてみたいと思います!


[PR]
by tara-ex | 2012-02-11 18:57 | 練習 | Comments(0)

Playing "Thousand Knives" (1)

今年に入って最初のピアノネタ!今年からは、なるべく動画付きで練習の記事をアップしていけたらと思っています。
さて、教授の「Thousand Knives」を去年から練習していて、その難しさに最初は戸惑っていたんですが、今は上達してきたのか、結構楽しくなってきています。なので、ブログにその様子を連載してしまおうと思ってます。
その一回目は、曲の紹介がてらメインのフレーズです。右手のみで弾いていますが、かなりトリッキーですね。



これでも少しテンポを落としているんですけど、まだまだスムーズじゃありません。実際にはこれに左手が加わります。そう、アルバム「/05」のオリジナルではメロディーとバックの演奏を分けて、連弾形式の演奏なんですけど、今回はそれを1人でやってしまおうとアレンジしています。

次はこのフレーズの左手のパートを紹介したいと思います。
[PR]
by tara-ex | 2012-01-21 20:51 | 練習 | Comments(0)

Playing "Thousand Knives"

d0038566_1825833.jpg教授の「Thousand Knives(千のナイフ)」、いいですね。メロディが心地よいです。「/05」で聴いてからずっと気になっていましたが、最近はじめて原曲を聴きました。オリジナルバージョンもかなりいいですが、これを2台のピアノで再現してしまった教授の才能には、到底到達できません。

さて、この「Thousand Knives」、今無性に弾きたい気持ちです。「/05」の楽譜を持っていますが、もちろん連弾用のもの。これを1人で弾けないか?挑戦ですが、なんとか自分なりにアレンジしてみようと思います。
しかし、今までにないトリッキーな右手のメロディ。弾いている間に指がつることは間違いないでしょう。
[PR]
by tara-ex | 2011-07-24 18:05 | 練習 | Comments(7)

Try to play The Sheltering Sky again

このブログを始めたときに練習した“シェルタリング・スカイ”をもう一度練習し始めた。最初にこの曲を弾いた時は、まだアルバム「/05」も発売されていなくて、楽譜も古いバージョンのものだった。
「/05」の“シェルタリング・スカイ”を聴いた時は新鮮だった。教授の弾き方やアレンジがずいぶん変わった感じがしたからだ。当然すごく気に入った。
やっと今、時間も気持ちも充実してきて、もう一度挑戦する気がわいてきた。この曲はかなり難しい。完成するのにかなりの時間が必要だろう。だから気力が大切なのだ。

今はピアノを弾くのが本当に楽しい。休みの日には汗だくになりながら弾いている。昔のようにピアノだけに費やしている時間はないが、なるべく多くの時間、ピアノに触れていたい。
d0038566_12554068.jpg

I have just started to play "The Sheltering Sky" on the piano again. When I tried this piece once, the album "/05" had not yet been released.
When I listened to the album version of this piece for the first time, it brought me a fresh sense. Because I felt that the version had very different arrange and playing from previous one. Of course, I like it very much.
Now, I have enough time and feeling, to play the piano. So I have decided to try this tune again. This is challenging for me, and it will take a long time to play very well. That's why keeping a strong feeling is very important.

Now, I'm enjoying playing the piano very much. Dripping with sweat, I always practice the piano on my day off. I can't really have the time to play the piano like I used to, but I'm trying to do it as much as I can.
[PR]
by tara-ex | 2010-08-10 17:55 | 練習 | Comments(2)

energy flow (video)

GWは久しぶりに実家に帰ってピアノを弾きました。やはり思っていた通り、実力は落ちていましたね。でも、なんとか頑張って録音まで至りました。久しぶりのピアノネタをアップできて、嬉しいです。
曲は、ボクの大好きで、みんなも良く知っている、教授の“energy flow”です。シンプルで美しいメロディ。簡単そうですけど、やっぱり難しいです。良かったら聴いてください!!

I played the piano for the first time in four months. As I thought, my performance has diminished. But I did the best to record my playing.
This is one of my favorite tunes, "energy flow". Original one that Ryuichi Sakamoto plays is so beautiful. Someday, I want to be able to play this better than now.


[PR]
by tara-ex | 2010-05-08 20:03 | 録音 | Comments(0)

The Last Emperorを弾く -ムービー編-

久しぶりに思い切りピアノを弾きました。ラストエンペラーのテーマです。とても好きな曲ですが、いつ弾いても難しいです。今回の演奏は、前回省略したイントロ部分を含めた6分強のフルバージョンです(あ〜緊張した^^;)。
しかし、こうして自分の弾いている姿を見ると、いつもがっかりします。演奏もさることながら、本当に姿勢が悪い。最初は少し気を付けているんですけどね。弾いているうちに演奏に集中してしまって、そっちまで気が回らなくなります。



新しい曲にも挑戦しています。そっちはまだまだで、すぐにお披露目という訳にはいきませんが、近いうちに紹介したいです。
ところで、ピアノって弾かないと音が狂ってしまうんですね。今回それを実感しました。
[PR]
by tara-ex | 2009-05-08 23:13 | 録音 | Comments(0)