Misery (1990: USA)

d0038566_18455627.jpg久しぶりに背筋がゾッとする映画を観てしまった。当時かなり話題となった映画「ミザリー」。女性がハンマーを振り下ろすシーンは、誰もが覚えているのではないか?1990年というと、もう21年も前。良い映画は、時が経っても色あせないと、つくづく実感する。

物語の最初、仕事を終えた売れっ子の小説家の主人公が、ロッジから車で雪道を帰る途中、道を外れ転落事故に遭う。絶望的な事故だったが、それを救ったのが彼の小説のファンである女性。彼女は自宅で彼を看病するが、彼の作品を愛するあまり、彼女の狂気的な一面がだんだんと彼を追いつめて行く……。

原作はスティーブン・キング。ボクが彼の作品で思い出すのは「シャイニング」。あれも怖かったが、それを彷彿させる内容だった。

この映画の見所は何と言っても、事故のケガで身動きの取れなくなった主人公が、どうやって彼女から逃れられるか?というところにある。そして、彼を看病する女性の狂気的な豹変ぶり。本当に最初から最後までハラハラドキドキの展開だった。ちなみに、主人公の小説家を看病するアニー役の俳優は、この作品でアカデミー主演女優賞を取り、一気に売れっ子になったという。たしかに、すごい演技だった。

こういったホラー映画はあまり好きではないが、時々“怖いもの見たさ”で観てしまうんだなぁ。
[PR]
by tara-ex | 2011-09-25 18:48 | 音・映像 | Comments(0)
<< Doubt (2008: USA) Big Fish (2003:... >>