“Landed”を弾く

前回の録音からなんと10ヶ月、やっと今回のピアノ演奏の録音ができた。録音を始めてから、こんなに時間を要したのは初めてだ。

さて、今回挑戦したのは、Ben Foldsの「Landed」。彼の曲の中でも、大のお気に入りの曲だ。
何と言ってもメロディーが美しい。詩も素敵。そして、相変わらずの繊細でダイナミックなピアノ演奏。彼の歌声を含めて、BF5時代より、一層成熟した仕上がりが感じられる。

本当に大事にしたい曲だったから、多くの時間練習した。ただ、去年は少しバタバタしていて、あまりピアノの練習に打ち込めなかった…というのは言い訳。焦り出したのは、今年に入ってから。

あまりにも久しぶりの録音だったから、なんだか演奏にすごくチカラが入ってしまって、録音に3週間もかかってしまった。
そんな感じで録音したのが、これです。



この曲のピアノの前奏は、とても美しくてインパクトがある。「これから長い旅が始まるぞ」って感じかな。なるべく真似したいところだったが、もちろん楽譜なんてないから、耳コピして雰囲気だけでなんとか仕上げた。
そして、最も難しかったのが、最後の方で出てくるオクターブの駆け上がりのフレーズ。着陸(Landed)前の最後の盛り上がってってところ。途中を簡単なアレンジに変えて、なんとか乗り切った。

そして、今回もフットパーカッションに挑戦した。ピアノの演奏と一緒だとやはり難しいが、足にも意識を向けるように心がけて、今回の録音中、フットパーカッションで演奏を中断することは無かった。
このアイテムは演奏のアクセントになるし、自分の演奏をユニークなものとする、大事な要素としたい。

ところで、今年は3曲の演奏の録音を目標としているので、最低あと2曲を録音したいところだ。
弾きたい曲はたくさんあるので、自分の中ではその選択も重要となる。次は、ユニークさ・美しさを忘れずに、少し気楽に弾ける曲にしたいと思う。

[PR]
by tara-ex | 2018-03-11 23:04 | 録音 | Comments(0)
<< ボクの街のデパート 2018年あけましておめでとう... >>