ボクの街のデパート

ボクの街にはデパートがあった。それはそれは立派なデパートだった。

そのデパートは、ボクが生まれたた二年後に誕生した。
ボクが小さかった頃は、ときどき家族で食事に行った。生まれて初めて、チーズが乗っているハンバーグステーキを、そこのレストランで食べた。衝撃だった。

学生のとき、地下の食品売り場でお歳暮の発送のアルバイトをした。そこで色んな人と出会ったり、失敗したり、怒られたり、お客さんに感謝されたり……そのデパートの中を、少しだけ知れたような気がした。

ボクが大人になると、そのデパートで洋服を買うようになった。
好きなブランドもできて、そこの店員さんとも仲良くなって、ファッションの疎いボクに色々と教えてくれた。
ちょっとした贈り物が必要なときには、地下の食品売り場にたくさんのおしゃれなお茶菓子が待っていた。
雑貨を買うときは、店員さんの商品の知識の豊富さに頭が下がった。そしてその品質の良さに満足していた。
買い物をした帰りにそのデパートの紙袋を持って歩いているときは、ちょっと気分が良かった。

そのデパートが誕生してから43年後、そのデパートは閉店することになった。ボクの街からデパートが無くなるなんて考えたこともなかったから、それを聞いたときは衝撃だった。
しょっちゅう行ける訳ではなかったけど、そこに存在する安心感があった。ボクの街のシンボルだった。

最終日はあいにくの天気だったけど、だくさんのお客さんで賑わっていた。ボクもその中で少しだけ買い物をして閉店の時を待った。
無くなると本当に寂しい。でも、今までありがとう、と心から言いたい。
d0038566_22465754.jpg
2018年3月21日、ときおり雪が混じる雨の降る日に、ボクの街のデパートは閉店を迎えました。
写真は、閉店の4日前に撮影したものです。

[PR]
by tara-ex | 2018-03-25 11:51 | 音・映像 | Comments(0)
<< タッチして!晩ご飯のお買い物 “Landed”を弾く >>