細野 秀雄

先日、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組で細野秀雄氏を紹介していた。彼は材料科学という分野で世界をリードする研究を続けている。科学と聞くと、すごく難しいイメージが先行するのだけど、その研究が、ごく身近にある物質を使って、とてつもない威力を発揮する物質を作り出すものだと聞くと、なんだかボクらの将来に大きく役に立つことを期待させられる。

こういった研究に取り組んでいる人たちを見ると、本当に自分の好きな分野を突き進んでいて、充実した毎日を送っているのだろうなと、うらやましく思える。細野氏自身も実際、研究を楽しんでいるのは間違いない。しかし、彼曰く、楽しむだけではなく勝たないといけない。それがプロフェッショナルだと。うん、たしかにうなずける。結局、好きなことでも仕事となると結果を求められる訳で、大きなプレッシャーものしかかってくるだろう。
順調に成功を収めているように見える彼にも、やはり大きな努力や失敗があった。そういった経験も成功の影には必ず必要となる。人間大きく成長するには時間がかかるのだ。

自分の生きる道を見つけるのには、何かのきっかけが必ずある。それを早く見つけられた人はラッキーだ。またそれは、自分たちのすごく身近なところにあって、それに気付くかどうかはその人次第かもしれない。でも人生は長い。結局のところ、一言では言えないいろいろなことがあるのだ。

番組では恒例の、出演者の鞄の中身チェックがある。そして、細野氏の鞄の中から意外なものが出てきた。それは、なんと愛らしい猫の写真集。帰りの電車の中で眺めるらしい。なんだか、とても親近感を覚えた。

そして、これも恒例だが、番組の最後に出演者に対してプロフェッショナルとは何か?という質問がされる。ボクは、ココの部分を絶対聞き逃さない。そして自分の中で理解する。
さて、彼はなんて答えたか?興味のある人は番組のホームページをチェックしてみてほしい。
[PR]
by tara-ex | 2009-05-30 23:26 | ひと休み | Comments(0)
<< MacBookの旅 Chocola (2000: ... >>